ジャガイモ食べて火星生活を生き延びた男の映画『オデッセイ(原題“The Martian”)』レビュー

 

タイトル

オデッセイ(原題“The Martian”)

 

監督

リドリー・スコット

 

出演者

マッド・デイモン(マーク・ワトニー)

ジェシカ・チャステイン(メリッサ・ルイス)

クリステン・ウィグ(アニー・モントローズ)

 

公開年

2016年

 

 

 

おすすめ度 ★★★★★

 

 

 



 

 

 

あらすじ

 

火星での有人探査の最中、嵐に巻き込まれてしまったワトニー。仲間たちは緊急事態を脱するため、死亡したと推測されるワトニーを置いて探査船を発進させ、火星を去ってしまう。しかし、奇跡的に死を免れていたワトニーは、酸素は少なく、水も通信手段もなく、食料は31日分という絶望的環境で、4年後に次の探査船が火星にやってくるまで生き延びようと、あらゆる手段を尽くしていく。

映画.comより

 

 

 

 

感想(少々ネタバレ含む)

 

 

 

有人火星探査計画中に嵐に襲われ火星にただ一人取り残された男が生き抜こうとする話。

凄かったです。

フィクションなのは分かっているんですが、この映画に登場するものすべてが、現代の科学技術の範囲内で描かれているので、この映画が与える現実感はとてつもないレベルなんです。

本当にあった出来事なのではないかと錯覚してしまうほどのリアリティ。

火星探索任務中に嵐の事故に遭い、ワトニーはメンバーに取り残されるんです。

マッド・デイモンが地球外に取り残される役というのは『インターステラー』とシチュエーションが似ているため、不思議と新鮮味がありませんでした。笑

随分マッチした違和感無い宇宙飛行士役だったな。

 

 

長い長い火星サバイバルシーンは、ワトニー(マット・デイモン)が水が必要、食料が必要、通信が必要と課題を一つ一つ解説・解決していく過程が小気味よくてディスコのリズムに乗せられ観ていて気持ちいい。

ジャガイモできた時は「ジャガイモやったー!」って一緒に喜べるし、ジャガイモ死んだ時は「ジャガイモ……」ってなります。笑

ユーモアをたくさん取り入れているおかげで気楽に見られるけどハラハラドキドキは薄れるかも。

 

 

ですが、火星にたった一人取り残される、という絶望的な状況でも残された設備と植物学者としての知識を駆使して前向きにトライしていく様に元気がもらえるんですよね。

何度も言うようにワトニーはポジティブなんですよ。

けどこれは知識があり引き出しが多いからポジティブでいれるけど、知識がなければあんな風に次々と行動なんて出来ないですよね。

まず自分がこの状況に置かれたらと考えると恐怖しか頭に浮かびませんよ。

火星に独り取り残され怪我をしていて食料も残りわずか。

そんな中で、次の火星探査機が来るまでの4年間を生きて待とうとしますかね。

たぶんしないと思います。

生きることより、どうすれば一番ラクに死ねるかを考えると思う。

ワトニーも4年という期限があったから生きようと思ったのかもしれませんね。

いつまで待てばいいのかわからない状況だと、ここまで前向きにはなれなかったかも。

でも彼は本当に前向きだった。

どこにいても通用する知識が自分にもあればと思うと何だかすごくさみしい気分になります。笑

 

地球への帰還がまた2年近くも延びてしまう、しかも失敗すれば命さえ危うい状況でもワトニーを救出することを選んだアレス3のクルーたちにも感動しました。

まぁ、あの状況で助けないと言うのはあまりにも冷酷すぎるけれど、、、

ワトニーを無事救出したあと、クルー全員が喜び合い、NASAのみんなや、地球上で固唾を呑んで見守っていた人々の喜ぶシーンは本当に感動して涙が出そうになりました。

どれほど絶望的な状況でも、自身の持てる全ての知識を総動員して生きようとする姿勢が、結局一番大切なことなんだとつくづく思いました。

 

 

 

最後にこれだけ、

2時間強という少し長い時間でしたが、テンポもよく、いい塩梅に話に起伏が生じるので見ていて飽きませんでした。

個人的に観た後、頑張って生きようと思える老若男女誰にでもお勧めできる1本だと思いました。

 

 

U-NEXTでは今なら31日間の無料おためしを実施中なので、ぜひこの機会に『オデッセイ』観てみてください。



 

 

 

ということで、

 

長くなりましたが、このへんで。

 

 

それでは。