観ると元気がもらえるオシャレでハイセンスな映画『プラダを着た悪魔(原題“The Devil Wears Prada”)』レビュー

 

 

タイトル

プラダを着た悪魔(原題“The Devil Wears Prada”)

 

監督

デビッド・フランケル

 

出演者

アン・ハサウェイ(アンドレア・サックス)

メリル・ストリープ(ミランダ・プリーストリー)

エミリー・ブラント(エミリー)

 

公開年

2006年

 

 

 

おすすめ度 ★★★☆☆

 

 



 

 

あらすじ

 

オシャレに無関心なジャーナリスト志望のアンドレアは、ニューヨークの一流ファッション誌編集部でカリスマ編集長ミランダのアシスタントとして働くことになる。一見、誰もが憧れる夢のような仕事、しかしそれはミランダの理不尽な要求に振り回される過酷なものだった。

映画.comより

 

 

 

感想(少々ネタバレ含む)

 

 

 

ストーリーも、俳優も、沢山のお洒落な服に囲まれたシーンの数々も、全部いい。

まず、とにかくアンハサウェイがかわいいんです、、、

そして、かっこいいんです。

それだけでも観る価値はあります。

テンポがよく、始めは服に無頓着で野暮ったかったのが洗練されていく様も最高で、色んな服を着たアンハサウェイの七変化のシーンがとっても楽しかったです。

 

 

ストーリーはなんというか、現代版シンデレラと言えばいいのだろうか。

アンハサウェイ演じるアンドレアがミランダの元で仕事をこなし見違えるほど成長していくんです。

一見、そんな華やかな世界に足を踏み入れて仕事に結果を出していく、仕事に対するセオリーの勉強になりつつも、一方で私生活を犠牲にしていく対比、そこで気がつく大切な事もまた勉強になりました。

 

ミランダは悪魔に魂を売って、仕事一本、私生活で失ったものは多いかもしれないけれど、筋が一本通った人でやはりカッコいい。

厳しいけれど、アンディの再就職への太鼓判には、私情を挟まない、正しく評価を下してくれる、プロフェッショナルな姿勢を感じるし、誰にも見せないところでの微笑みに優しさを感じました。

結局ミランダはいい人なのかそれとも悪魔なのか。

自分の好きなように生きていくという点ではそれこそ人の理想であり素敵なことだと思います。

しかしあまりにも個性が強すぎて周りがついてこれない、突っ走る一匹狼状態。

尊敬はできるが同時に哀れみも覚えてしまうんですよね。

アンドレアがミランダに幻滅し仕事を放棄してそのままその場を立ち去った時、きょろきょろとアンドレアの姿を探しているミランダの姿は少し惨めで何だか寂しそうでした。

 

 

この映画を観ていて思ったこと、辞めることって簡単なんだなって。

それはいい意味でも悪い意味でも、辞めてしまえばもうそこで終わりだけど次のステージを迎えることでもある。

辞められないなんてことはなくて、辞めたいなら全てを放り投げてしまえばいいんだってなんだか気持ちが晴れるようなラストでした。

 

 

最後にこれだけ、

夢に突き進むとは何か、自分を持つということはどういう事か、、、、

全ては自分が決めた元で出来ている人生。

“仕方なかった”や言い訳は通用しないなとこの映画を通して感じました。

 

 

 

U-NEXTでは今なら31日間の無料おためしを実施中なので、ぜひこの機会に『プラダを着た悪魔』観てみてください。



 

 

 

ということで、

 

長くなりましたが、このへんで。

 

 

 

それでは。