『トイストーリー4(原題”Toy Story 4”)』感想 ネタバレ あらすじ 〜ハッピーエンドのその後の物語〜

『トイストーリー4(原題”Toy Story 4”)』感想 ネタバレ あらすじ 〜ハッピーエンドのその後の物語〜

 

 

 

・タイトル

トイストーリー4(原題”Toy Story 4”)

・監督

ジョシュ・クーリー

・出演者

トム・ハンクス(ウッディ)

ティム・アレン(バズ・ライトイヤー)

アニー・ポッツ(ボー・ピープ)

・公開年

2019年

 

 

ウッディが選んだ衝撃の決断を目の当たりにできる映画

 

 

オススメ度 ★★★★☆

 

 

 

Advertisement

 

 

 

・あらすじ

 

ウッディたちの新しい持ち主となった女の子ボニーは、幼稚園の工作で作ったフォーキーを家に持ち帰る。ボニーの今一番のお気に入りであるフォーキーを仲間たちに快く紹介するウッディだったが、フォークやモールでできたフォーキーは自分を「ゴミ」だと認識し、ゴミ箱に捨てられようとボニーのもとを逃げ出してしまう。フォーキーを連れ戻しに行ったウッディは、その帰り道に通りがかったアンティークショップで、かつての仲間であるボー・ピープのランプを発見する。一方、なかなか戻ってこないウッディとフォーキーを心配したバズたちも2人の捜索に乗り出すが……。

 映画.comより

 

 

 

・感想ネタバレ含む

 

 

 

今から約20年前、世界初の長編CGフルアニメーションとして制作された『トイストーリー』。

人の目が届かないところでおもちゃたちが動き出すという斬新なアイデアで観る人を驚かせ楽しませてきました。

「もしかしたら自分のおもちゃも…」と誰もが思ったに違いありません。笑

今やディズニーを代表する作品と言っても過言ではないと思います。

 

 

そんなトイストーリーの最新作が公開されたので初日に観てきました。

 

まず初めに思ったのが、雨のシーンや遊園地の夜景、風景などの映像の綺麗さ。

1から比べるととんでもないほど映像のクオリティーが上がりましたよね。

でも当時としては1も革命的な映像技術だったんですよ。

 

 

それから、ボー・ピープの登場。

2以降突然姿を消したボー。

3では全く姿を見せず、どこいったの⁉︎と疑問を抱いたことを覚えています。笑

 

そんな彼女が今作では大活躍するんですが、見た目も性格もガラッと変わって男前な感じになってました。笑

姿を消している間彼女は一体どんな修行を積んできたんだろうか。

彼女の謎が深まる一方でウッディとの運命的な再開もとても印象的でした。

こんな形で再開⁉︎って感じでしたが、トイストーリーらしくて良かったかもしれません。笑

 

 

 

今作はトイストーリーシリーズの最高傑作だと思います。

今までの作品内容とは全く別物と捉えたほうがいいかも。

ですが、今まで通りのトイストーリーなら今作を作る意味がないように感じたのも事実です。

過去の作品を観た方はわかると思いますが、3で終わっていればと思う人は多数だと思います。

僕もそのうちの一人です。笑

 

 

3はとてもいい作品でしたが、ボニーが成長したらどうなるんだろう?と疑問が残った人もいたはずです。

その疑問を描いたのが今作だと個人的には思うんですよね。

 

劇中では、ウッディが飽きられ遊んでくれなくなっているシーンがありました。

子どものそばにいるおもちゃとして信念を貫いてきたウッディでしたが、ボーとの再開によりその気持ちに揺らぎが生じるんです。

結果的にウッディは自らボニーの元を離れ自由な生き方を選んだわけですが、気持ちの切り替えの呆気なさにこれまでの話はなんだったんだろう、3で気持ちよく終わっていればよかったのではないかと酷評する人の気持ちも理解できます。

 

ですが、ボーの登場で納得できるところもありました。

ウッディにとってボーはアンディの次に大切な仲間であると全作品を通して読み取れます。

そんなボーとの再開は彼にとって衝撃であり、ボニーの気持ちがウッディから離れていることに気付き始めていたウッディにとって本当の居場所にたどり着いたんだと感じるものがありました。

フォーキーの脱走を引き止めていたのは、そんなウッディの代わりにボニーを楽しませてほしいという彼なりの考えがあったのでしょう。

誰の持ち物でもなくなったウッディ、彼の物語はここで終わりなんだと思うと寂しくなりますね。

 

 

それから、親友であり相棒であるバズとの別れのシーンは感慨深いものがありました。

これまでの仲間たちとウッディの物語が脳裏によぎって涙が止まりませんでした。

少し不満を言うと、もっと引き止めてほしかったなー。笑

案外呆気なくバイバイって感じだったから、こんなんでいいの⁉︎って思ったり。笑

でも、いいんです、別れというものはそういうもんですよね。笑

バズとウッディの信頼関係がものすごく強いんだと改めて気付かされたシーンでもありました。

 

 

 

最後にこれだけ、

3ではアンディが大人になったことでおもちゃ離れをしボニーに譲り渡したシーンが印象的ですが、今作では役目を果たしたウッディ自ら子ども離れをする決断に驚きを隠せませんでした。

こんな結末でモヤモヤする方もたくさんいると思いますが、僕としては4を作るにあたってこのストーリーが一番しっくりくるんじゃないかと思いますね。

大人なストーリーだなと観ていて思いました。

もし5があるとしたら、いつか産まれるアンディの子どもの元に戻るといった演出も期待したいです!

 

 

トイストーリー4を観る前にトイストーリーシリーズで予習を!


 

 

 

ということで、

 

 

長くなりましたが、このへんで。

 

 

 

それでは。

 

 

 

オススメ度 ★★★★☆カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。