『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題“Avengers Endgame”)』感想 あらすじ ネタバレ 〜これぞ集大成 アベンジャーズついに完結〜

『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題“Avengers Endgame”)』感想 あらすじ ネタバレ 〜これぞ集大成 アベンジャーズついに完結〜

 

 

 

・タイトル

アベンジャーズ/エンドゲーム(原題“Avengers Endgame”)

・監督

アンソニー・ルッソ

ジョー・ルッソ

・出演者

ロバート・ダウニー・Jr.

クリス・エバンス

クリス・ヘムズワーズ

・公開年

2019年

 

 

ラストを飾るに相応しいMCU史上最高傑作!

 

 

オススメ度 ★★★★☆

 

 

Advertisement

 

 

・あらすじ

アイアンマン(ロバート・ダウニー・Jr)らアベンジャーズとサノス(ジョシュ・ブローリン)が戦った結果、全宇宙の生命は半数になってしまう。宇宙をさまよいながらスーツの開発を続けるアイアンマンをはじめ、生き残ったキャプテン・アメリカ(クリス・エヴァンス)やソー(クリス・ヘムズワース)らは再び集まり、サノスへの逆襲を始める。

Yahoo!映画より

 

 

・感想ネタバレ含む

 

 

最高です。

 

感動しすぎて涙が止まりませんでした。

 

シリーズ完結にふさわしい作品ですよ。

 

前作の『インフィニティ・ウォー』が前編で、今作の『エンドゲーム』が後編となるのかな。

アベンジャーズの集大成として完結する今作ですが、これまでのMARVEL作品を観ておかないとなかなか理解できないかなと思います。

エンドゲームを観る人はみんな観てるだろうけど、なんせ21作品あるからこれから観ようって人はとりあえず家に引きこもらないといけませんね。笑

 

 

さて、まずはMCUの10年間の軌跡を一緒に歩めてきたことに感謝しかありません。

僕の青春を捧げてきたと言っても過言ではありません。

これまでの10年間で様々なMARVEL作品が公開され、その全てがこの『エンドゲーム』に集約されるんです。

 

こんな作品観たことありますか?

 

今までもこれからもここまでの大作は生まれないと僕は思います。

 

 

エンドゲームももちろんですが、2008年に公開された『アイアンマン』を筆頭にこれまでのMARVEL作品もかなりのクオリティで全てがかっこいいです。

作品一つ一つに対するクリエイター方の想いが強いからこそエンドゲームという素晴らしい作品に仕上がったのではないでしょうか。

多くて観たくないなどと言わず是非観てください。

10年という歴史の重みを感じることができると思います。

 

 

さて、先ほども言いましたが、今作は今までの作品を観た上で初めて理解できるものになってますので、正直これだけ観てもわけわからないです。笑

言うなれば、ファンのためにある映画ですね。

この作品に対し簡単に良し悪しを言えるようなものではないということです。

なので、一ファンである僕がここまで絶賛するのは当然なのです。

 

 

本作はタイムトラベルを軸として物語は展開していくのですが、まさかのタイムトラベルでインフィニティーストーンを取り戻し消えた仲間を蘇らすのか⁉︎と安易な展開に少々戸惑いながらもこれはこれで仕方ないかと思い観てましたが、消えた仲間たちが蘇ったときはめちゃくちゃ興奮しました。笑

タイムトラベルを駆使しサノスがインフィニティーストーンを手に入れる前に回収し、『インフィニティ・ウォー』でサノスから消された者たちを逆にそのパワーを駆使して全てを戻すのです。

なので、SF映画ではマストであるタイムトラベルを取り入れたところは今作の大成功を収めるためには必要不可欠であり、なによりアベンジャーズの過去の作品を再び訪れることのできる最高のツールであると僕は思いました。

 

 

 

最後にこれだけ、

これからアベンジャーズを観る楽しみがなくなってしまうのはとても寂しいです。

エンドロール観ながら涙が止まりませんでした。

ですが、2021年以降『X-MEN』と『ファンタスティック・フォー』がMCUに合流することが本格的に始まろうとしているみたいですね!

 

これは参った。笑

 

長生きせねば。笑

 

これから先MCUは我々では想像もできないほどの素晴らしい作品を生み出していくに違いありません。

 

 

ということで、

 

長くなりましたが、このへんで。

 

 

それでは。

 

 

 

オススメ度 ★★★★☆カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。